バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 電力 」 一覧

販売料金、東北電より安く やまがた新電力の事業計画

  2016/03/12

再生可能エネルギー(再エネ)を活用した電力の売電事業を手掛ける官民出資の新会社「やまがた新電力」(社長・清野伸昭山形パナソニック会長)は11日、4月1日の取引開始に合わせ、2016年度の事業計画を発表した。東北電力よりも販売料金を安く設定し、固定価格買い取り制度の単価を上回る金額で購入するインセンティブ(動機づけ)を付与。電力の地産地消を推進し、初年度で約3千万円の営業利益を確保する。  同社は、 …

[インタビュー]福島で許した“死のエネルギー”は私たちの手で変える

  2016/03/08

2011年の3・11福島原発の惨事以後、日本では脱核に向けた多様な実験が続けられている。 福島県の会津地域を拠点に作られた電力会社「会津電力」が発足したのも、こうした動きが本格化した2013年8月のことだった。  この会社の佐藤弥右衛門社長(65)は「原子力発電所事故が起きた後、誰もが『国家が悪い、電力会社が悪い』と言ったが、結局責任は発電所を作ることを許容した私たちにもある」と語り、「会津の豊富 …

Jリーグはなぜ電力販売に乗り出すのか

  2016/02/13

電力ベンチャーが地域主体の電力事業との連携に乗り出している。新電力(PPS)2位のF―Power(Fパワー、東京都港区)は、Jリーグのコンサドーレ札幌や秋田県鹿角市の電力販売事業を支援する。洸陽電機は自治体や地元企業に対し、再生可能エネルギー発電所の開発から技術・金融面まで含めた支援を提案する。地域側は電力ビジネスのノウハウ不足を補える。電力ベンチャーは自治体や地元企業の基盤を生かし、事業を拡大で …

ローソン、バイオマス発電を導入 姫路に1号店

  2016/02/08

コンビニ大手のローソンが、店舗内で揚げ物などを調理したときに出る廃油から電気をつくり店舗で利用する「バイオマス発電」を始めた。コンビニ業界では初めてで、5日にモデル店舗となる1号店が姫路市内にオープンした。大量の廃油をリサイクルして「環境にやさしい店」としてアピールし、電気代も抑える。(末永陽子)  人気の総菜「からあげクン」などを調理した後の植物性油を、全国各店などから廃油リサイクル業の浜田化学 …

間伐材発電所誘致へ 和歌山県が初期費用を支援

  2016/02/05

和歌山県は来年度、県内初となる間伐材を活用した木質バイオマス発電所を誘致し、稼働開始までの費用を支援する方針を立てている。誘致場所は、林業が盛んな紀中か紀南地方になる見込み。県担当者は「山林に放置されていた間伐材を活用し、県内林業や山間地域の活性化につなげたい」と期待を込めている。  昨秋、田辺・西牟婁の森林組合や木材業者などで「紀州木質バイオマス利用協議会」が発足。木質バイオマス発電所実現への機 …

からあげクン発電? ローソン、廃油を燃料化して活用へ

  2016/01/30

コンビニ大手ローソンは、「からあげクン」などの揚げ物を店頭で調理する際に出る廃油から電気をつくる「バイオマス発電」に乗り出す。業界初の取り組みで、太陽光発電などと組み合わせると、外部から買う電力を従来より約7割減らせるという。 【写真】「からあげクン」の廃油が電力になる仕組み  ローソンは2月5日、バイオマス発電の1号店として、兵庫県姫路市に「夢前(ゆめさき)スマートインター前店」を開く。からあげ …

【メガコンペ・大競争時代】電力自由化編(下)

  2016/01/09

■新電力「電気はおまけ、サービスで勝負」 九電危機で地域衰退の懸念も  「聞いたことのない会社から電気を買うことに不安を覚える人がいるかもしれません。安定供給ができることを、しっかり説明してください」  昨年12月17日、東京に本社を置く新電力の「イーレックス」グループが、福岡市内で、九州で営業する代理店幹部らを集めて説明会を開いた。電気をより多く使う家庭ほど、安くなる電気料金の仕組みや、営業手法 …

南会津に電力会社 1月下旬設立 廃熱を冷暖房利用

  2016/01/03

再生可能エネルギーの地産地消を目指す会津電力(喜多方市、佐藤弥右衛門社長)と、南会津町の有志は今月下旬、同町を拠点に豊富な森林資源を活用する地域電力会社「南会津電力」を設立する。木質バイオマス発電の過程で生じる廃熱を冷暖房や給湯に利用するコージェネレーション(コジェネ=熱電併給)普及を目指す。  廃熱については販売する方針で、商用のコジェネ事業化は県内初となる。高額な初期投資など採算性が課題となる …

2016年株式市場 押さえておきたい「10大テーマ」

  2015/12/31

2015年の株式市場は、「日本株の地力の強さ」を認識させた。前半の日経平均は「2万円回復」や「歴代3位となる12連騰」などの記録を作りながら、年初から約2500円の高騰劇を演じた。 その後FRBの利上げムードやギリシャ不安などを受け、相場の雰囲気が徐々に悪化してきたところへ、中国ショックによる世界同時株安が発生した。日経平均株価は一時、それまでの上昇幅をほとんど放出するほどの下落に見舞われたが、世 …

バイオマス発電の熱がもったない!中小ビル「自給自足」の電源に

  2015/12/24

電現ソリューション(東京都港区)は、フィンランド企業の小型木質バイオマス発電システムを2016年春に国内発売する。出力は40キロワットで、中小ビルの電力を賄える規模。お湯も作れるコージェネレーション(熱電併給)型なので、給湯の燃料費も削減できる。ビル内に設置し、エネルギーを自給自足できる発電システムとして提案する。  フィンランドのVolter(ボルター)が開発した発電システムを独占販売する。重量 …