バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 生産 」 一覧

アスタキサンチン生産拡大の可能性

  2016/10/02

Algae Industry Magazine Sep 5, 2016Boosting astaxanthin production with a biorefinery approachhttp://www.algaeindustrymagazine.com/boosting-astaxanthin-production-biorefinery-approach/ 低コストのバイオ燃料生産の実現 …

ムギワラからイソブテン

  2016/09/30

Biofuels International Sep 29, 2016Global Bioenergies reports first production of isobutene from wheat straw at the industrial pilot scalehttp://biofuels-news.com/display_news/11114/global_bioenergies …

藻は未来の資源になりうるか

  2016/08/31

Science Daily Jul 13, 2016Microalgae: Promising future resource?https://www.sciencedaily.com/releases/2016/07/160713101617.htm ドイツのケルン大学で微細藻の生産に必要な資源を大幅に節減できる技術が開発された。医学や食料生産まで広い分野における藻の利用が推進することが期待され …

パームヤシ房、初の固形化 新エネルギー開発、バイオマス燃料開発

  2016/08/25

バイオマス発電の開発助言会社、新エネルギー開発(群馬県沼田市)は25日、パームヤシを使った新しいバイオマス燃料を開発したと発表した。食用油の原料になる果実を採った後の、残りの房を炭化技術で固形燃料に加工。世界初という。  新燃料は水に強くて輸送しやすく、燃焼効率も一般的な木質系よりも2割以上高い。2018年から主に東南アジアで生産し、国内バイオマス発電所向けに販売する。  新燃料は、米国で燃料関連 …

パームヤシの廃棄物で新バイオマス燃料 群馬の企業と米企業が共同開発、国内発電所向けに販売へ

  2016/08/25

バイオマス発電の開発支援会社、新エネルギー開発(群馬県沼田市)は25日、パームヤシの廃棄物を使った新しいバイオマス燃料を開発したと発表した。米国で燃料関連の研究開発を手掛けるHM3エナジー(オレゴン州)と共同で開発した。主に東南アジアで2018年から生産し、国内のバイオマス発電所向けに販売する。  パーム油の原料となるパームヤシの果実を採った後に残る房を加工し、固形燃料にする。パームヤシは果実から …

微小なバイオ燃料製造工場

  2016/08/13

ScienceDaily Aug 10, 2016Engineering a better biofuelhttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/08/160810143714.htm とかく不評の大腸菌が、強力なバイオ燃料生産工場としての評価がさらに高くなりそうだ。まだ実験室的段階ながら、燃料、医薬そのほかの物質の量産方法としての可能性がさらに高くな …

バイオ燃料、バイオ化学物質を生産させる大腸菌の加工

  2016/07/28

ScienceDaily Jul 7, 2016  Engineering E. coli for biofuel, bioproduct productionhttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/07/160707120503.htm エネルギー省統合バイオエネルギー研究所で、新しい脂肪酸シンターゼ(FAS) システムが開発された。このシステムでは …

エネルギー省 藻ベースバイオ燃料/バイオ製品開発を助成

  2016/07/21

Algae Industry Magazine Jul 14、2016DOE $15 million to improve algal biofuels/bioproductshttp://www.algaeindustrymagazine.com/doe-15-million-improve-algal-biofuelsbioproducts/ 米エネルギー省が藻の生産と、藻ベースのバイオ燃料/ …

藻は未来の新資源

  2016/07/15

ScienceDaily Jul 13, 2016Microalgae: Promising future resource?https://www.sciencedaily.com/releases/2016/07/160713101617.htm ドイツの植物学者で、藻の研究家のMichael Melkonianケルン大学教授が、藻を簡単に安く生産する新しい方法を開発した。この技術は光合成を利 …

県産材活用へ計画策定を 自民・条例原案 9月県議会に提出

  2016/06/02

自民党県議会議員会が制定を目指している「県産材利用促進条例」の原案がまとまった。県に対し、県産材の供給や利用に関する具体的な目標を掲げた基本計画の策定と、造林から建築までの関係団体でつくる協議会の設置を求めているのが特色。木材利用と森林整備の好循環を促し、林業の成長産業化につなげる。パブリックコメントを経て、最終案を県議会9月定例会に提出する。(政治部・浜田泰輔)  戦後の高度経済成長期に植えられ …