バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 炭素 」 一覧

進むリグニン変換技術

  2017/10/07

Phys Org Oct 6, 2017Surrounded by potential: New science in converting biomasshttps://phys.org/news/2017-10-potential-science-biomass.html リグニンはすべての植物に含まれているセルローズに次ぐ地球上で二番目に豊富な再生可能な炭素源だが、構造が複雑で利用の方法が分 …

「パリ協定」きょう発効。日本の技術が世界の温暖化対策の切り札に

  2016/11/04

温暖化を招く厄介者の二酸化炭素(CO2)を回収し、植物の栽培に使ったり、プラスチック材料に変えたりする技術開発が進んでいる。4日に発効する地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」は、温室効果ガスの排出量と吸収量を一致させ、排出を実質ゼロにする「脱炭素」技術の早期実現を目標に掲げている。CO2を回収・利用する日本の技術が温暖化対策の切り札になりそうだ。 <ゴミ焼却のCO2を藻類培養工場へ>  佐賀市は …

パーム油を燃料にバイオマス発電 来年7月稼働

  2016/10/27

再生可能エネルギー事業に取り組む三恵観光(本社・福知山市東堀、杉本潤明社長)が、植物性のパーム油を燃料にしたバイオマス発電事業に乗り出す。京都府福知山市内で施設を建設し、来年7月の稼働をめざす。  建設予定地はまだ非公表だが、日本バイオディーゼル機器(千葉県柏市)の技術支援を得て、発電機室、燃料棟など延べ床面積約800平方メートルのプレハブ型の施設を建てる。11月着工の予定。総事業費は約5億円。 …

光合成の将来予測

  2016/10/05

SciendeDaily Oct 3, 2016Future increase in plant photosynthesis revealed by seasonal carbon dioxide cyclehttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/10/161003112208.htm 光合成により大気中のCO2濃度が上昇すると植物の生産性が高くなり …

COからバイオ燃料を作る魔術

  2016/09/07

Biofpr Aug 4, 2016Biological wizardry ferments carbon monoxide into biofuelhttp://www.biofpr.com/details/news/9661941/Biological_wizardry_ferments_carbon_monoxide_into_biofuel.html 一酸化炭素を餌にしている嫌気性細菌を利 …

海藻ジェット燃料の共同開発

  2016/05/10

Algae Industry Magazine April 13 2016New macroalgae collaboration for jet fuelhttp://www.algaeindustrymagazine.com/new-macroalgae-collaboration-jet-fuel/ 2020年までに二酸化炭素ニュートラルを目指す航空産業の一つとして、エアバスグループが熱帯圏 …

これからの社会を支えるバイオカーボン

  2016/04/26

ScienceDaily Apr 18, 2016SteamBio enabling sustainable carbon for industryhttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/04/160418091352.htm EU ではグリーンな経済への取り組みが進んでいる。その中で学界、産業界の11団体で結成した協同組織Steambioが、過熱蒸気 …

森の木は二酸化炭素の交換をしている

  2016/04/19

ScienceDaily Apr 14, 2016Forest discovery: Trees trade carbon among each otherhttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/04/160414144711.htm スイスのバーゼル大学とスイス連邦工科大学ポール・シェラー研究所との共同研究で、地中にいる共生菌の媒介によって多量の二酸 …

焦点:中国CO2排出量データの耐えられない軽さ

  2015/11/09

[北京 9日 ロイター] – 中国の温室効果ガス排出量を正しく測定するのがいかに困難かを感じるには、北京徳青源農業科技の養鶏場を訪れるといいだろう。 ここでは、大量の鶏糞から電力がつくられ、近くの発電所に供給しているほか、周辺の39の村に燃料を提供している。途上国への地球温暖化対策のための国連クリーン開発メカニズム(CDM)の下、同社はこうしたバイオマス発電で、取引可能な温室効果ガス排 …