バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 東京 」 一覧

フェスの食べ残しを回収 発酵ガスで発電

  2016/11/23

宮城県亘理町のバイオマス発電事業に参画するサステイナブルエネルギー開発(東京)は、仙台市で開かれているイベントで出た食べ残しからメタンガスを製造し、発電に利用する社会実験を行う。 【仙台で会合】廃棄物系バイオマス活用を研究

木質バイオマス発電で3万世帯分の電力、リニア新幹線の残土処分地に

  2016/08/14

建設会社大手の大林組が8月3日に「大月バイオマス発電所」の工事に着手した。山梨県の大月市にある2万平方メートルの広大な敷地に、景観にも配慮したデザインで発電所を建設する計画だ。発電能力は14.5MW(メガワット)に達して、内陸部の木質バイオマス発電所としては国内で最大級の規模になる。運転開始は2018年8月を予定している。 【その他の画像】  年間の発電量は1億1000万kWh(キロワット時)程度 …

王子HDと三菱紙、八戸でバイオマス発電

  2016/03/28

王子ホールディングス <3861> 子会社の王子グリーンリソース(東京)と三菱製紙 <3864> は28日、バイオマス発電事業を手掛ける合弁会社を設立すると発表した。約240億円を投じて三菱製紙八戸工場(青森県八戸市)構内にバイオマスボイラーを設置し、2019年6月の事業開始を目指す。

集団移転跡地に5社名乗り 津波被災地の雇用創出を期待

  2016/03/03

震災の津波で被災した住民が集団移転した跡地への企業誘致を図ろうといわき市が公募していた跡地活用事業計画に、市内や東京、沖縄の5社から事業計画の提案があったことが2日、分かった。市によると、自治体が募集した津波被災跡地への企業進出は県内初。2日の市議会の2月定例会一般質問で市が明らかにした。市は「比較的安くまとまった土地を提供できる利点が理解されたのでは」と立地の申し出を歓迎、津波被災地の産業振興や …

東京のグリーン・サーマル、米沢で木質バイオ発電 来年7月に着工

  2015/12/19

発電施設開発などを手掛けるグリーン・サーマル(東京、滝沢誠社長)は18日、米沢市直江石堤の米沢南工業団地に用地を取得し、木質バイオマス発電事業を開始すると発表した。来年7月に着工し、2018年1月の稼働を目指す。  滝沢社長と大和証券グループの投資会社・大和PIパートナーズ(東京)の高橋昭夫会長が同日、米沢市役所で記者会見して明らかにした。両社で6月に設立した合同会社のDSグリーン発電米沢(米沢市 …

下水処理消化ガスで発電スタート

  2015/10/02

環境衛生施設の施工管理を手掛ける「水ing」(東京)は1日、山形県鶴岡市鶴岡浄化センターで発生する消化ガスを用いたバイオマス発電所「鶴岡バイオガスパワー」を稼働させた。民間の資金とノウハウを活用し、公共下水道施設から出るガスを燃料に運営する売電事業は東日本で初めて。

東京オリンピックまでのバイオ航空燃料導入ロードマップを公開

  2015/07/10

Green Car Congress Jul 5, 2015Boeing, Japanese aviation industry unveil biofuel roadmap to 2020 Olympicshttp://www.greencarcongress.com/2015/07/20150709-inaf.html 2020年東京オリンピックを期にバイオ航空燃料の実用化を推進するためのコン …