バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 方針 」 一覧

EUの農産物ベースバイオ燃料動向

  2016/12/09

Biofpr Dec 8, 2016Biofuel producers blast EU for slashing crop-based fuel usehttp://www.biofpr.com/details/news/10189521/Biofuel_producers_blast_EU_for_slashing_crop-based_fuel_use.html 欧州委員会が2030年のバイ …

【インドネシア】新エネ振興補助金、政府は来年も継続方針

  2016/10/18

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、新・再生可能エネルギー振興に向けた補助金の拠出を来年も継続する方針を固めた。補助金額は、約1兆1,000億ルピア(約88億2,600万円)。17日付インベストール・デイリーが伝えた。  同省新・再生可能エネルギー局のリダ局長は、補助金には新・再生可能エネルギーの買い取り価格と国営電力PLNの電力生産コストとの差額分を補うことで、PLNによる買い取りを促進する …

バイオマス産業を2025年に5000億円へ、発電と熱利用で経済価値を拡大

  2016/09/12

「バイオマス活用推進基本計画」は農山村の活性化や地球温暖化の防止を目的に、国の方針をまとめたものだ。2010年12月に閣議決定してスタートした。5年ごとに計画を見直すことが法律で定められているため、農林水産省は2016年内に内容を改定して新たな政策を開始する。 【その他の画像】  現在の基本計画では2020年のバイオマス利用量や産業規模を目標に設定していたが、改定案では2025年に再設定した。利用 …

集団移転跡地に5社名乗り 津波被災地の雇用創出を期待

  2016/03/03

震災の津波で被災した住民が集団移転した跡地への企業誘致を図ろうといわき市が公募していた跡地活用事業計画に、市内や東京、沖縄の5社から事業計画の提案があったことが2日、分かった。市によると、自治体が募集した津波被災跡地への企業進出は県内初。2日の市議会の2月定例会一般質問で市が明らかにした。市は「比較的安くまとまった土地を提供できる利点が理解されたのでは」と立地の申し出を歓迎、津波被災地の産業振興や …

南会津に電力会社 1月下旬設立 廃熱を冷暖房利用

  2016/01/03

再生可能エネルギーの地産地消を目指す会津電力(喜多方市、佐藤弥右衛門社長)と、南会津町の有志は今月下旬、同町を拠点に豊富な森林資源を活用する地域電力会社「南会津電力」を設立する。木質バイオマス発電の過程で生じる廃熱を冷暖房や給湯に利用するコージェネレーション(コジェネ=熱電併給)普及を目指す。  廃熱については販売する方針で、商用のコジェネ事業化は県内初となる。高額な初期投資など採算性が課題となる …

おが粉「手に入らない」価格上昇や納品遅れも 畜産関係者

  2015/06/14

宮崎県内の畜産関係者が、牛舎や豚舎、鶏舎の床に敷くおがくず(おが粉)について「入手困難」「価格が上がった」と悲鳴を上げている。改善を求め、農家や農業団体から県へ4月以降提出された要望、署名は18件に上る。県は「実態や原因は不明」とするが、木質バイオマス発電所の稼働などによる木材需要の高まりが要因の一つと指摘する声も。農業経営への影響が懸念される中、国や県は調査と対策に乗り出す方針。

バイオ燃料の生産には共同研究が不可避

  2015/06/03

Renewable Energy World Feb 27, 2015Scientific Research Crucial to Success of New Biofuels Plants http://www.renewableenergyworld.com/rea/news/article/2015/02/scientific-research-crucial-to-success-of- …

JR東、再生エネ取り組み強化 環境重視アピール、地域活性化も狙う

  2015/04/19

JR東日本が風力や太陽光など再生可能エネルギーへの取り組みを強化している。東北地方北部などで太陽光発電所の運営を始めたほか、今後は風力発電やバイオマス発電にも参入する方針。本業の鉄道輸送で大量の電力を必要とするだけに、再生エネの活用で環境戦略を重視する姿勢をアピールする。  岩手県や秋田県の3カ所で2月以降、太陽光発電所の運転を始めており、発電規模は合計約3400キロワット。首都圏の千葉、茨城両県 …

JR東、再生エネ事業拡大 月内に風力発電新会社

  2015/04/19

JR東日本が風力や太陽光など再生可能エネルギーへの取り組みを強化している。東北地方などで太陽光発電所の運営を始めたほか、今後は風力発電やバイオマス発電にも参入する方針だ。本業の鉄道輸送は大量の電力を必要とするだけに、再生エネの活用で環境戦略を重視する姿勢を打ち出す考えだ。  JR東は今年2~3月に、岩手県や秋田県の3カ所で、合計約3400キロワットの太陽光発電所の運転を始めた。このほか、千葉県や茨 …