バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 技術 」 一覧

バイオマスが新産業を生む可能性

  2017/06/20

University of Wisconsin-Madison News My19, 2017Triple play boosting value of renewable fuel could tip market in favor of biomasshttp://news.wisc.edu/triple-play-boosting-value-of-renewable-fuel-could- …

工業原料としてのバイオマス

  2017/06/06

ウイスコンシン大学ニュース  May 20, 2017Triple play boosting value of renewable fuel could tip market in favor of biomasshttp://news.wisc.edu/triple-play-boosting-value-of-renewable-fuel-could-tip-market-in-favor- …

藻類オイル抽出残渣から化学品原料の合成に成功 ―藻類バイオマスを徹底的に活用する技術を確立

  2017/04/14

東京工業大学  Apr 13, 2017藻類オイル抽出残渣から化学品原料の合成に成功 ―藻類バイオマスを徹底的に活用する技術を確立http://www.titech.ac.jp/news/2017/038090.html “ 石油の代替資源になりうる藻類バイオマスのさらなる有効利用 オイル抽出残渣から、さらに化学品原料を合成することに成功 均一系スズ触媒による有用化学品原料への選択的な化学変換プロ …

「竹はバイオマス発電に不向き」を覆す、日立が燃料化技術を開発

  2017/03/09

竹はカリウムを多量に含んでおり、灰の軟化温度が680~900度と低く、大型のボイラーで燃焼させると炉内に「クリンカ」という溶岩を生成する特性がある。さらに塩素濃度も高いため耐火物や伝熱管を腐食させやすい。そのため、一般にはバイオマス発電などの燃料としては不向きとされている。 【その他の画像】  竹は国内に豊富に存在するバイオマス資源であり、成長力が非常に強い。根が森林へ拡大するとそこに生育する樹木 …

竹をバイオ燃料に利用=日立が技術開発

  2017/03/09

日立製作所は9日、竹をバイオマス発電やボイラーの燃料として利用する技術を開発したと発表した。竹材の需要減少で手入れをしない竹林が増加し、九州地方などで大きな問題となっている。燃料としての活用が広がることで、放置竹林の拡大対策にもつながると期待される。  竹は塩素やカリウムの含有量が多く、そのまま燃やすと燃焼設備や環境に影響を及ぼすという問題がある。日立は竹を6ミリ以下に微粒化し、水に浸すことで濃度 …

米政府 統合バイオ精製所の開発を支援

  2017/02/21

Green Car Congress Jan 7, 2017DOE and USDA partner to award up to $22.7M for integrated biorefinerieshttp://www.greencarcongress.com/2017/01/20170107-ibr.html#more バイオマスを活用した次代の液体燃料、化学物質原料の実用化に備えて、米政府 …

2022年のバイオ燃料生産予測

  2017/02/20

Green Car Congress Feb 14,2017Lux Research forecasts global biofuels output to rise to 67B GPY in 2022; advanced biofuels will nearly double to 9.6B GPY http://www.greencarcongress.com/2017/02/2017021 …

バイオ経済における熱分解技術

  2017/02/17

Iowa State University Jan 11, 2017Iowa State engineer helps journal highlight how pyrolysis can advance the bioeconomyhttp://www.news.iastate.edu/news/2017/01/11/energytechnology 熱分解がバイオ燃料の生成技術として期待され …

「こんじゃりコン」 川崎の低CO2ブランド大賞に

  2017/02/07

川崎市は、二酸化炭素(CO2)を削減できる市内企業の優れた製品・技術を認定する「低CO2川崎ブランド2016」の大賞に、生コンクリート製造・販売の宮松エスオーシー川崎工場(中原区)の製品「こんじゃりコン」を選定した。  同ブランドは、地球温暖化防止のためCO2排出抑制に貢献する市内の製品、技術、サービスを広く発信することで普及を促すのが目的。2009年度からスタートし、今年で8回目。  こんじゃり …

米エネルギー省 藻バイオ燃料開発を支援

  2016/12/19

Green Car Cogress Dec 2, 2016DOE BETO to issue $8M funding opportunity for algae-based biofuelshttp://www.greencarcongress.com/2016/12/20161202-beto.html 米エネルギー省バイオエネルギー局が、藻をベースとしたバイオ燃料技術の開発支援に8百万ドル支援 …