バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 工程 」 一覧

バイオ分解プラスチックのリサイクル効果

  2017/11/05

Bio Plastics Oct 17, 2017New Studies Confirm: Biodegradable Plastics Boost Organic Recycling and Improve Mechanical Recyclinghttp://www.bioplasticsmagazine.com/en/news/meldungen/20171017-Biodegradale- …

第二世代バイオ燃料のライフサイクル評価

  2017/05/28

Biofuel Daily May 22, 2017A full life cycle assessment of second-generation biofuelshttp://www.biofueldaily.com/reports/A_full_life_cycle_assessment_of_second_generation_biofuels_999.html トウモロコシを原料とした …

エタノール生産におけるCO2の新しい役割

  2016/08/17

Berkeley Lab Jul 21, 2016イオン液体の毒性を抑え、主成分のリサイクルによりコスト低減に寄与する可能性がある。http://newscenter.lbl.gov/2016/07/21/co2-ionic-liquid-biofuel-pretreatment/ 米エネルギー省統合バイオエネルギー研究所JBEIで、CO2の利用に着目しバイオエタノール製造過程で、CO2を利用した …

低コストで抗生物質不要のバイオ燃料製造法

  2016/08/10

ScienceDaily Aug 4, 2016Biofuel production technique could reduce cost, antibiotics usehttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/08/160804152725.htm MITと新規起業のNovogy社との共同発によって、バイオ燃料とバイオ化学製品の製造工程に侵入し、製 …

バイオマス前処理用イオン液体の毒性管理

  2016/07/27

Green Car Congress Jul 22, 2016JBEI scientists use CO2 to control toxicity of ionic liquids in biomass pretreatment; lowering production costshttp://www.greencarcongress.com/2016/07/20160722-jbei.html …

6万1000kWのバイオマス発電設備を建設、パルプ廃液で発電しFITで売電

  2016/07/26

紙の生成工程では多くの木質系の廃棄物が生まれる。これらの多くはバイオマス発電に利用可能なものである。大王製紙では以前から、同社の三島工場(愛媛県四国中央市)でクラフトパルプ製造工程で発生するパルプ廃液(黒液)を黒液回収ボイラーで燃焼させ、エネルギー回収するバイオマス発電を行っていたが、新たに新設の設備を建設することを決定した(図1)。  新たに建設するのは、従来発電を行ってきた大王製紙三島工場の敷 …

藻ベース再生可能燃料の生成プロセス

  2016/05/17

NREL Feb 6, 2016Renewable Fuels from Algae Boosted by NREL Refinery Processhttp://www.nrel.gov/news/press/2016/21641 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所で、脂質の改善だけでは化石燃料と競合できないと考え、複合藻処理法CAPを開発した。Scenedesmusを使いこの技術と組み合わせ …

一液型セルローズエタノール生成法

  2016/01/22

Barkekey Lab Jan 13, 2016One-Stop Shop for Biofuelshttp://newscenter.lbl.gov/2016/01/13/one-stop-shop-for-biofuels/ 米エネルギー省統合バイオエネルギー研究所で、セルローズバイオマスから一液工程でエタノールを高い収率で生成する方法が開発された。収率は記録的に改善し、水の消費、廃水と廃棄 …

2014年の再生可能ジェット燃料の生産

  2015/11/14

Green Car Cong ress Nov 9. 2015EIA: More than 1 billion gallons of renewable drop-in diesel/jet produced worldwide in 2014http://www.greencarcongress.com/2015/11/20151109-eiahefa.html 米エネルギー情報局のまとめによる …

BPカストロールのオイルが世界初の「CO2ニュートラル」エンジンオイルに認定

  2015/08/10

BPカストロール(東京都品川区、代表取締役社長:小石孝之)のエンジンオイル「カストロールプロフェッショナル」が、エンジンオイルとして世界で初めて「BSI PAS2060」の認定を受け、世界初のCO2(二酸化炭素)ニュートラルエンジンオイルとして8月から日本で発売される。CO2ニュートラルとは、CO2排出量が実質的にゼロ(ニュートラル)のことで、「カストロールプロフェッショナル」は、製品によるCO2 …