バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 導入 」 一覧

県内再生エネ15%増 今年度導入量太陽光普及進む

  2016/02/02

風力や小水力伸び悩み 平成27年度に福島県内で導入された太陽光や風力などの再生可能エネルギーの発電設備容量は994メガワットで、前年度実績の860メガワットに比べ134メガワット(15.6%)増える見通しとなった。県が1日、県再生可能エネルギー導入推進連絡会で推計値を示した。太陽光発電の導入量は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が導入された24年度と比較して約5.7倍に拡大した一方、風力や小 …

藻からエチレンの直接生成

  2015/12/24

Algae Industry Magazine Aug 17, 2015Producing ethylene from algaehttp://www.algaeindustrymagazine.com/producing-ethylene-from-algae/ 石油化学産業で最大の製品であるエチレンを藻自身に作らせる研究が、アメリカの国立再生可能エネルギー研究所で進められている。日本人が発見し …

再生エネ4割上積み目標 滋賀県がビジョン素案

  2015/11/18

滋賀県は18日、長期的なエネルギー政策の指針とする「しがエネルギービジョン」の素案をまとめた。2030年の再生可能エネルギーによる発電量の目標数値について、現行の計画から太陽光発電を中心に約4割上積みして154万キロワットとした。同年の電力消費量は14年比で10%減とする目標を示し、省エネにも重点を置いた。  県は13年3月に再生可能エネルギー振興戦略プランを策定し、30年の導入目標量を106万キ …

太陽光導入量倍増へ 静岡県、新エネ骨子案

  2015/11/10

静岡県の有識者会議「ふじのくに未来のエネルギー推進会議」(委員長・荒木信幸静岡理工科大学事顧問)は10日、県庁で開いた会合で、2020年度の太陽光発電の目標導入量を110万キロワットから200万キロワットと2倍近く引き上げる「新エネルギー等導入倍増プラン」の骨子案を了承した。新エネルギー全体の導入量も上方修正し、昨年度実績から倍増させる。  県内の太陽光発電は固定価格買い取り制度の効果などで急速に …

<デンマーク長官>日本のバイオマス発電に協力意欲

  2015/10/28

再生可能エネルギーの導入に熱心なデンマークの技術を各国に移転・普及させることを目指す同国の官民組織「ステート・オブ・グリーン」のフィン・モーテンセン長官が毎日新聞のインタビューに応じた。日本では木くずなどを燃料にした「バイオマス発電」で拡大の余地が大きいと指摘し、日本への技術協力に意欲を示した。【聞き手・小倉祥徳、寺田剛】  --なぜ再エネの普及に熱心なのですか。  ◆かつてデンマークはエネルギー …

BPカストロールのオイルが世界初の「CO2ニュートラル」エンジンオイルに認定

  2015/08/10

BPカストロール(東京都品川区、代表取締役社長:小石孝之)のエンジンオイル「カストロールプロフェッショナル」が、エンジンオイルとして世界で初めて「BSI PAS2060」の認定を受け、世界初のCO2(二酸化炭素)ニュートラルエンジンオイルとして8月から日本で発売される。CO2ニュートラルとは、CO2排出量が実質的にゼロ(ニュートラル)のことで、「カストロールプロフェッショナル」は、製品によるCO2 …

カストロールプロフェッショナル、CO2ニュートラルに正式認定…エンジンオイルでは世界初

  2015/08/10

BPカストロールは、プロフェッショナル専用エンジンオイル「カストロールプロフェッショナル」に新たなコンセプト「CO2ニュートラル」を導入し、2015年8月より販売を開始する。 [関連写真] 今回カストロールプロフェッショナル製品は、英国規格協会によるカーボン・ニュートラル実証「BSI PAS2060」の正式認定を受け、世界初のCO2ニュートラル(相殺)エンジンオイルとなった。 カストロールでは、製 …

ミシュラン、信州エリアの運送会社にワイドシングルタイヤ「X One」を初納入

  2015/07/07

日本ミシュランタイヤは7月7日、長野県松本市に本社を構えるアルプス運輸建設にトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」を納入。これに合わせて同タイヤの製品説明会と装着車両のお披露目会を実施した。 【この記事を写真付きで見る】  車両のお披露目に先立って行われた製品説明会では、日本ミシュランタイヤ トラック/バス事業部 マーケティング部 ビジネスセグメントマネージャーの尾根山純一氏がX On …

18日の朝刊(都内最終版)☆2・完

  2015/06/17

【日刊工業】 ◆世界狙う中堅・中小 航空機関連 高い実績 パリショーで存在感(1) ◆産総研軸に集積地整備 政府 技術革新サイクル実現(1) ◆中規模設備で日本参入 木質バイオマス発電事業 ティッセンクルップ EPC・保守など展開(7) 【フジサンケイ ビジネスアイ】 ◆温暖化交渉 主導権へ切り札 「2国間クレジット」 海外削減分も参入可能に(1) ◆電力システム改革総仕上げ 改正電気事業法が成立 …

<30年電源構成>再生エネ比率20%台半ばへ 原発上回る

  2015/04/06

経済産業省は6日、2030年の電源ごとの総発電量に占める割合を示す電源構成(エネルギーミックス)で、太陽光など再生可能エネルギーの比率を20%台半ばにする検討に入った。再生エネの導入を最大限進める方針から、当初は3割程度を想定していたが、太陽光や風力を大幅に拡大すれば送電線増強費用などのコストが過大になると判断した。経産省は原発比率が20%超となる方向性を示しており、再生エネの比率は原発比率をやや …