バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 実験 」 一覧

藻の生産性改善について

  2017/10/26

Algae Idustry Magazie Oct 2.2017Produci g high productivity microalgae with flexible compositionhttp://www.algaeindustrymagazine.com/producing-high-productivity-microalgae-with-flexible-composition/ ト …

藻の油生産改善法

  2017/04/22

Algae Industry Magazine Apr 19, 2017Increasing oil production from algaehttp://www.algaeindustrymagazine.com/increasing-oil-production-algae/ PhysOrgが藻の細胞内における油の合成メカニズムに関する神戸大学の蓮沼誠久教授、加藤雄一らによる、藻バイオ燃料の …

食物連鎖の最下位に定着している藻

  2016/11/27

Algae Industry Magazine Nov 24, 2016Nannochloropsis’ life at the bottom of the food chainhttp://www.algaeindustrymagazine.com/nannochloropsis-life-bottom-food-chain/ インドの中央海洋魚研究所で、屋内と屋外の培養地で動物性プランクトンの …

フェスの食べ残しを回収 発酵ガスで発電

  2016/11/23

宮城県亘理町のバイオマス発電事業に参画するサステイナブルエネルギー開発(東京)は、仙台市で開かれているイベントで出た食べ残しからメタンガスを製造し、発電に利用する社会実験を行う。 【仙台で会合】廃棄物系バイオマス活用を研究

自治体の「ドローン活用」本格化 行方不明者捜索や森林モニタリング

  2016/10/29

「空の産業革命」ともいわれ、注目を集めるドローン。民間企業がさまざまな活用方法を示し、国家戦略特区で実証実験が進む中、地方自治体でも導入に踏み切るところが増えてきた。活用方法も物資輸送や空撮、行方不明者の捜索、インフラ点検など幅広く、ドローンパイロットの本格的な育成に乗り出すところも出ている。 過疎地域や離島の生活支援が図れるほか、事務作業の効率化が可能になるなど、ドローン利用が自治体にもたらす恩 …

乳牛ふん尿使い発電 富士宮で17年に実験プラント

  2016/10/07

富士宮市と富士開拓農協(同市)は乳牛のふん尿を利用したバイオマス発電プラントを建設し、2017年秋から発電を開始する。発生する廃液は市内の下水道処理施設で浄化するほか、発電した電気も送電して施設の稼働に充てる。酪農が盛んな同市では、処理能力を上回るふん尿管理が課題。廃液と電気を公共の下水道施設に送ることで、地下水汚染の解決と二酸化炭素削減の同時達成を狙う。  環境省の「環境調和型バイオマス資源活用 …

微小なバイオ燃料製造工場

  2016/08/13

ScienceDaily Aug 10, 2016Engineering a better biofuelhttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/08/160810143714.htm とかく不評の大腸菌が、強力なバイオ燃料生産工場としての評価がさらに高くなりそうだ。まだ実験室的段階ながら、燃料、医薬そのほかの物質の量産方法としての可能性がさらに高くな …

新しい藻の栽培方式 PSBR

  2016/07/31

Biofpr Jul 29, 2016Algae put water problems behind themhttp://www.biofpr.com/details/feature/9639061/Algae_put_water_problems_behind_them.html 藻の栽培には例示のような装置を使うことが多いが、コストと効率の点に問題がある。ケルン大学のMichael Melk …

森の木の栄養探し

  2016/07/24

ScienceDaily Jul 18, 2016Trees rely on a range of strategies to hunt for nutrient hot spotshttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/07/160718160933.htm 見た目には安定している森でも、地下では複雑な栄養探しが行われていることが、わかり始めてきた。 …

日本製紙、タイで木質バイオマス実証実験 最新技術で来春めど開始

  2016/05/15

日本製紙は、木質バイオマス生産の実証実験に乗り出す。タイの製紙大手と組んで来春をめどに実験を始め、トレファクション技術と呼ぶ最新技術を使って木材を燃料化する。事業化の可能性があると判断すれば、2018年度中にも量産化する計画だ。  トレファクション技術では、250~300度の比較的低温で木材を炭化させる「半炭化」と呼ぶプロセスを経て燃料にする。通常より熱量を多く残すことができ、結果として発電量も増 …