バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 地域 」 一覧

ポテンシャル大きいバイオマス発電、森林保全にも寄与 今後の課題は?

  2015/11/08

バイオマス発電所の新設計画が、最近、相次ぎ、2015年だけでも30カ所以上が稼働する見込みです。先日、川崎市にある“都市型”バイオマス発電所を見学する機会に恵まれました。木質バイオマス発電の可能性を探ります。 ■国内初の“都市型”バイオマス発電所  川崎バイオマス発電所(出力3万3000キロワット)は、2011年2月、住友共同発電、住友林業、フルハシEPOの3社が、「発電」「燃料供給」「チップ製造 …

TPPで農水省 設備更新費など国産木材利用拡大へ補助金

  2015/11/03

農林水産省は3日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で輸入合板や製材の関税が撤廃されることを受け、地域木材の利用拡大を図る国内製材業などに対し、設備更新費などを補助する方針を固めた。森林を育成する森林施業の集約化や林道整備など国内林業の体質強化費用を加え、2015年度補正予算に盛り込む。回復傾向にある木材自給率を下げないよう、国内木材の利用を促したい考えだ。  補助対象は、原木を加工する地域の製 …

TPP対策 製材業の設備投資補助 農水省方針 地域材活用が条件

  2015/11/03

農林水産省は3日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で輸入合板や製材の関税が撤廃されることを受け、地域木材の利用拡大を図る国内製材業などに対し、設備投資の費用を補助する方針を固めた。林道などの整備や森林の集約化など国内林業の体質強化費用を加え、平成27年度補正予算案に盛り込む。回復傾向にある木材自給率を下げないよう、国内木材の利用を促したい考えだ。                    ◇  補 …

カメリナ油の工業利用

  2015/10/20

Green Car Congress Aug 18. 2015Researchers modify camelina to produce highest levels yet in transgenic plant oil of novel lipid acetyl-TAG; biofuel and industrial usehttp://www.greencarcongress.com/20 …

間伐材収集、地域通貨発行 川根本町がプロジェクト

  2015/10/18

川根本町で11月から、間伐材などを収集して地域通貨を発行するプロジェクト「木の駅かわね」が始まる。森林再生と地域経済の活性化を目指した県内初の取り組みで、杉山嘉英実行委員長(61)は「山も人も元気になり、地域振興につながれば。『山はお金にならない』と言われてきたが、新たな林業の形をつくりたい」と意気込む。  町内の森林所有者や林業に関心がある希望者が、登録料3千円で参加できる。自身の所有林や、実行 …

「浜松新電力」15日設立 市や地元企業など出資

  2015/10/14

浜松市が市出資の株式会社「浜松新電力」を15日に設立することが、14日分かった。浜松地域の官民が連携し、再生可能エネルギーの地産地消を進めるのが狙いで、同市中区の浜松商工会議所内に本社を置く。電力小売りの完全自由化に合わせて、来年4月の事業開始を目指す。  浜松新電力に出資するのは市とNTTファシリティーズ(本社・東京都港区)のほか、NECキャピタルソリューション(同)、さらに浜松地域を拠点とする …

伐林を買い取り発電に活用 兵庫・佐用に木材ステーション開設

  2015/10/01

所有林を自分で間伐する自(じ)伐(ばつ)林(りん)家(か)や地域住民が切り出した雑木を買い取り、木質バイオマス発電などに活用するための「木材ステーションさよう」が1日、兵庫県佐用町にオープンした。同町内で22人の犠牲者を出した6年前の県西・北部豪雨では、手入れしていない山林の荒廃が被害を拡大させたとの指摘もあり、町が国の「地方創生先行型交付金」を使って整備した。  佐用町は町域の81%を山林が占め …

本県活性化策探る 若松で地方創生フォーラム

  2015/07/11

「地方創生フォーラムin福島」は10日、福島県会津若松市の会津大で開かれた。基調講演やパネルディスカッションで、講師やパネリストが先駆的な地方創生の事例を示しながら、東京電力福島第一原発事故の影響下で復興を目指す本県の地域活性化について意見を出し合った。  県と地域活性化センター(東京)の主催、総務省、福島民報社などの後援。NPOグリーンバレーの大南信也理事長が徳島県神山町での地方創生の取り組みに …

JR東日本の再生可能エネルギー基地 太陽光、風力など相次ぎ事業化

  2015/06/28

低廉で安定した電力確保が課題となる中、期待されるのが再生可能エネルギーの活用だ。JR東日本は北東北エリアの「再生可能エネルギー基地」化を中期経営計画に掲げて風力、バイオマス、太陽光とさまざまな自然エネルギーの活用に取り組み始めた。環境負荷の低減や、地域活性化の観点でメリットも大きく、早期の事業化を図る考えだ。  荒波がしぶきを上げ、強風が吹き付ける日本海沿岸。JR東日本はその風を使った風力発電事業 …

陸上養殖支援など20項目 山梨県が国への来年度要望決定

  2015/05/27

後藤斎知事は27日、平成28年度国の施策、予算に関する提案・要望事項20項目を庁議で決定したと発表した。この中には海水魚の陸上養殖を行う交付金対象事業主体の拡大を求めている。後藤知事は「制度創設や財源措置で国の取り組みが必要な項目を選んだ」と説明した。  国への要望20項目のうち、陸上養殖取り組み支援をはじめ、農村地域工業導入促進法の対象業種拡大、森林整備・保全の推進の3項目は新規要望。  陸上養 …