バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 再生 」 一覧

16年度の再エネ発電システム市場は3兆3,065億円を見込む

  2016/09/18

富士経済は、再生可能エネルギー固定買取制度(FIT)により注目が集まる太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱発電システムの市場を調査した。  2012年7月に始まったFIT以降、再生可能エネルギー発電システムの導入が急速なペースで進んできたが、設備認定を受けているほとんどが太陽光発電システムであり、市場には極端な偏りがみられる。こうした市場の偏りに対して、売電価格や制度運用の変更が繰り返され、201 …

島根県の再生可能エネルギー比率が25.5%に、バイオマスで雇用も増加

  2016/08/28

島根県は2016年8月22日、2015年度の再生可能エネルギーの導入実績を公表した。導入された設備の出力と設備稼働率から推計した再生可能エネルギーによる年間発電量は、前年度より20%増加して13.1億kWh(キロワット時)となった(図1)。 【島根県内に導入された再生可能エネルギーによる発電設備の出力量の画像ほか】  島根県では2015年9月に「再生可能エネルギー及び省エネルギーの推進に関する基本 …

加熱するバイオマス発電業界 大王製紙、6万1000kWの発電設備建設へ

  2016/08/09

再生可能エネルギー固定価格買い取り制度により製紙業界を中心にバイオマス発電設備の建設が活発だ。大王製紙は三島工場に、バイオマス発電設備を建設する。同工場では木材チップヤードの一部を転用し、2019年度より発電規模6万1000キロワットで稼働予定とのこと。電力は再生可能エネルギー固定価格買い取り制度に基づき四国電力に販売し、年間70億円の売電収入を見込む。同工場ではパルプ製造工程から黒液を高効率に回 …

CO2のリサイクル技術

  2016/08/04

ScinceDaily Aug 3, 2015Recycling carbon dioxide: Researchers reduce climate-warming CO2 to building blocks for fuelshttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/08/160803140144.htm CO2をエネルギーや化学物質製造用の資源と …

EU の2020年バイオ燃料計画実現に警鐘

  2016/08/04

Biofpr  Jul 28, 2016‘Weaknesses’ in certifying sustainable biofuels ‘could undermine’ EU’s 2020 renewable energy goalshttp://www.biofpr.com/details/news/9633251/Weaknesses_in_certifying_sustainable_bi …

家畜のふん尿利用の「バイオガス発電」エネルギーの地産地消で注目集まる

  2016/08/02

北海道や九州など酪農や畜産の盛んな地域で、やっかいものになってきた家畜のふんを利用したバイオガス発電に注目が集まっている。北海道別海町では国内最大規模のバイオガス発電所が稼働から1年を迎えた。鹿児島県長島町では2018年度の運用開始を目指し、地域エネルギー会社が設立された。 両町の事業が順調に進めば、酪農、畜産地域でエネルギーの地産地消に道が開かれることになる。これまで欧米に後れを取ってきたバイオ …

損保大手の「再生エネルギー保険」、風力や地熱にも広がり

  2016/08/01

損害保険会社が再生可能エネルギーに関連した保険商品などを相次いで投入している。東京海上日動火災保険は地熱発電に関する賠償責任保険を、損保ジャパン日本興亜は風力発電のリスク評価モデルを東京大学などと開発した。太陽光発電向けが中心だった再生エネ向けの保険・サービスが広がりをみせている。  東京海上日動は地熱発電事業者向けに、地表調査から操業までの賠償責任を引き受ける保険を発売した。地熱の開発中に近隣温 …

バイオ燃料生産用バイオ触媒について

  2016/07/26

ScienceDaily Jun 30, 2016New understanding of one of nature’s best biocatalysts for biofuels productionhttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/06/160630102510.htm 植物性再生可能資源から燃料や化学物質を作るためには、セルローズを分解 …

広がる「地産地消」モデルの電力小売、2020年度までに市場規模は4倍に

  2016/07/26

矢野経済研究所は2016年7月22日、地産地消モデルの電力小売事業に関する調査結果を発表した。2015年度の国内の地産地消モデルの電力小売市場規模は、小売電気事業者の売上高ベースで135億円としている。2016年4月1日に始まった電力の小売全面自由化などの影響により、2016年度はさらに240億円まで拡大する見込みだ。  同調査における地産地消モデルの電力小売事業とは、特定地域の再生可能エネルギー …

15年度の国内の地産地消モデルの電力小売事業の市場規模は小売電気事業者の売上高ベースで135億円

  2016/07/22

矢野経済研究所では、国内の地産地消モデルの電力小売事業の調査を実施した。調査期間は2016年4月~7月、調査対象は地産地消モデルの小売電気事業者(地方自治体系、生活協同組合系、デベロッパー/エンジニアリング系等の事業者)。調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査を併用した。  それによると、2015年度の国内の地産地消モデルの電力小売事業の市場 …