バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 伐採 」 一覧

世界の木屑利用プロジェクト 10件

  2017/10/09

Bio Fuel Digest Sep 30, 2017Top 10 wood waste projects – Not letting waste go to wastehttp://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2017/09/30/top-10-wood-waste-projects-not-letting-waste-go-to-waste/ 環境保護論者の …

「竹はバイオマス発電に不向き」を覆す、日立が燃料化技術を開発

  2017/03/09

竹はカリウムを多量に含んでおり、灰の軟化温度が680~900度と低く、大型のボイラーで燃焼させると炉内に「クリンカ」という溶岩を生成する特性がある。さらに塩素濃度も高いため耐火物や伝熱管を腐食させやすい。そのため、一般にはバイオマス発電などの燃料としては不向きとされている。 【その他の画像】  竹は国内に豊富に存在するバイオマス資源であり、成長力が非常に強い。根が森林へ拡大するとそこに生育する樹木 …

木材伐採量が最多 発電向け供給加速

  2016/12/30

本県林業で2015年度に切り出した木材は計200万立方メートルを超え、統計が残る1960(昭和35)年度以降で最多となったことが分かった。拡大造林時代に植えられた山が成熟し、森林資源を更新するスギなどの主伐材が7割を占めた。伐採現場は高性能林業機械の相次ぐ導入で作業の効率が格段に向上し、大手製材工場、バイオマス発電向け供給が加速。山林所有者への還元も一定程度進んでいるが、関係者は新たに山を育てる人 …

森林バイオマスの収穫による環境負担は小さい

  2016/10/18

Biomass Magazine  Oct 7, 2016Study finds biomass harvesting techniques with minimal impacts By USDA Forest Service Rocky Mountain Research Stationhttp://biomassmagazine.com/articles/13769/study-finds- …

需要増え業者仲介か 宮崎市スギ伐採虚偽届

  2016/10/16

所有者に無断でスギ伐採の届け出書が宮崎市に提出されていた問題で、宮崎県央部では同様に、所有者が知らないうちにスギが伐採されるトラブルが相次いでいる。業者からは「誤伐」として一方的に示談を持ち掛けられるケースが多く、背後には山林を売買する仲介業者の存在も指摘される。バイオマス発電での木材需要の高まりなど、林業を取り巻く環境の変化が事態に拍車を掛けている。

林地残材進む燃料化 バイオマス発電で脚光

  2016/10/07

県内で相次いで稼働した木質バイオマス発電施設によって、伐採後に山に捨てられてきた林地残材に燃料としての光が当たり、2015年の県内利用量は全国トップの約40万立方メートルに上ったことが林野庁のまとめで分かった。林地残材は伐採量の増加に伴って大量に発生しており、商品価値が生まれたことで山の新たな収入源として期待されている。

伐採可能地点57.6% 避難解除・田村、楢葉、川内の森林

  2016/05/02

東京電力福島第一原発事故に伴う避難区域が解除・一部解除された田村、楢葉、川内3市町村の森林の空間放射線量で、平成27年に福島県の原木伐採・搬出基準(毎時0.5マイクロシーベルト以下)を下回った地点は前年より1106地点増え、地点全体の57.6%に拡大した。県木材協同組合連合会がまとめ、伐採可能な範囲を推定した。事業再開に向けて今後は作業員の被ばく低減や人材育成が課題となり、国や県に支援を求める。 …

主伐材17%増、平成最多 宮崎県内林業

  2015/12/30

宮崎県内の森林資源を更新する伐採(主伐)によって切り出した木材は2014年度が前年度比17%増の125万7400立方メートルと平成に入り最多、面積も2397ヘクタールと最大となった。隣県と比べても3倍以上の量を誇る。戦後の拡大造林で植えた木が成熟し、大型製材工場の進出や山に切り捨てられてきた林地残材が燃料となるバイオマス発電施設の稼働、原木輸出の販路拡大で需要が急増したことが背景にある。木材価格も …

TPPで農水省 設備更新費など国産木材利用拡大へ補助金

  2015/11/03

農林水産省は3日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で輸入合板や製材の関税が撤廃されることを受け、地域木材の利用拡大を図る国内製材業などに対し、設備更新費などを補助する方針を固めた。森林を育成する森林施業の集約化や林道整備など国内林業の体質強化費用を加え、2015年度補正予算に盛り込む。回復傾向にある木材自給率を下げないよう、国内木材の利用を促したい考えだ。  補助対象は、原木を加工する地域の製 …

TPP対策 製材業の設備投資補助 農水省方針 地域材活用が条件

  2015/11/03

農林水産省は3日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で輸入合板や製材の関税が撤廃されることを受け、地域木材の利用拡大を図る国内製材業などに対し、設備投資の費用を補助する方針を固めた。林道などの整備や森林の集約化など国内林業の体質強化費用を加え、平成27年度補正予算案に盛り込む。回復傾向にある木材自給率を下げないよう、国内木材の利用を促したい考えだ。                    ◇  補 …