バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 企業 」 一覧

「こんじゃりコン」 川崎の低CO2ブランド大賞に

  2017/02/07

川崎市は、二酸化炭素(CO2)を削減できる市内企業の優れた製品・技術を認定する「低CO2川崎ブランド2016」の大賞に、生コンクリート製造・販売の宮松エスオーシー川崎工場(中原区)の製品「こんじゃりコン」を選定した。  同ブランドは、地球温暖化防止のためCO2排出抑制に貢献する市内の製品、技術、サービスを広く発信することで普及を促すのが目的。2009年度からスタートし、今年で8回目。  こんじゃり …

【突破力】南国殖産(鹿児島市) 開発リードする「地域総合商社」

  2016/12/10

鹿児島の玄関口、JR鹿児島中央駅の目の前に「鹿児島中央ターミナルビル」がある。1階にバスターミナル、7~14階に「ソラリア西鉄ホテル鹿児島」などが入る複合ビルで、鹿児島のランドマーク的存在だ。  「地域の開発は地元主体であるべきだ。地元企業として主体的に参画し、開発をリードしてきた。地域の発展なくして、会社の発展はない」  南国殖産社長の永山在紀氏(76)は力を込める。  ターミナルビルは、南国殖 …

小規模バイオマスでも採算確保、排熱活用とガス化で高効率に

  2016/11/02

エネルギー関連事業を展開する洸陽電機(神戸市)は、このほど同社が計画中の木質バイオマス(ガス化)発電事業に、グリーンファイナンス推進機構から、3億9千万円の出資を受けることが決定したと発表した。  このプロジェクトは、洸陽電機が地元企業などと共同により宮崎県串間市で行う、間伐材を中心とした未利用バイオマス資源を活用した小規模(発電規模2000kW未満)な木質バイオマス(ガス化)熱電併給事業。  小 …

自治体の「ドローン活用」本格化 行方不明者捜索や森林モニタリング

  2016/10/29

「空の産業革命」ともいわれ、注目を集めるドローン。民間企業がさまざまな活用方法を示し、国家戦略特区で実証実験が進む中、地方自治体でも導入に踏み切るところが増えてきた。活用方法も物資輸送や空撮、行方不明者の捜索、インフラ点検など幅広く、ドローンパイロットの本格的な育成に乗り出すところも出ている。 過疎地域や離島の生活支援が図れるほか、事務作業の効率化が可能になるなど、ドローン利用が自治体にもたらす恩 …

人口1万1000人の町を水素タウンに、エネルギーを100%自給自足へ

  2016/10/27

岐阜県の南部にある八百津町(やおつちょう)は山と平野のあいだに広がる典型的な中山間地で、農業と林業を中心に発展してきた。近年は人口減少に悩む中で、新たに「中山間地型水素社会の構築による100%エネルギー自給自足のまち 八百津プロジェクト」を推進中だ。 【その他の画像】  このプロジェクトは八百津町と岐阜県に加えて、岐阜大学と地元の民間企業も加わって産学官連携で取り組んでいる。町内の3つの地区を対象 …

追浜に2企業進出 18年度操業開始

  2016/10/20

神奈川県横須賀市は19日、追浜地区の臨海部にコンビニ向け弁当製造業「戸田フーズ」(埼玉県戸田市)と、バイオマス発電事業「横須賀バイオマスエナジー」(東京都港区)の2社が進出すると発表した。ともに2018年の操業開始を目指している。  横須賀市によると、戸田フーズは同市浦郷町の敷地面積約2万1千平方メートルを機械メーカーから取得。約50億円を投じて鉄骨2階建ての新工場などを整備し、サンドイッチやパス …

触媒の再生と気相改良によるバイオ燃料のコスト削減

  2016/10/07

Biomass Magazine Oct 6, 2016NREL lowers biofuel costs through catalyst regeneration and vapor-phase upgradinghttp://www.energy.gov/eere/bioenergy/articles/nrel-lowers-biofuel-costs-through-catalyst-re …

藻の共同研究 CYCLALGプロジェクト

  2016/08/03

欧州委員会 Jul 22, 2016The European CYCLALG project brings together six R&D centres to develop an algae-based biorefineryhttp://cordis.europa.eu/news/rcn/134555_en.html スペインのバスク自治州と隣接するフランスにまたがる近隣の6企業が …

NEDOの新エネ事業、「ジャイロ追尾型太陽光」など3テーマが大規模実証へ

  2016/07/20

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2016年7月15日、「新エネルギーベンチャー技術革新事業」において委託・助成先を決定したと発表した。太陽光発電、バイオマス、燃料電池・蓄電池、風力その他未利用エネルギーの4分野から、合計19テーマが採択されている。2016年度から追加された「フェーズD(大規模実証研究開発ステージ)」には、3つのテーマが採択された。  新エネルギーベンチャー技術革新 …

バイオマス企業へ用地売却 市全世帯上回る、5万世帯分の電力に 唐津市

  2016/06/24

佐賀県唐津市は23日、輸入したパームヤシ殻を燃料にしたバイオマス発電企業に佐志の土地約7万5千平方メートルを3億円で売却する契約を結んだ。出力2万5千キロワットの発電所で、2019年1月の稼働を目指す。市内の全世帯を上回る5万世帯分の電力を生みだし、安定的に供給できる電源として九州電力に売電する。