バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 バイオマス 」 一覧

高山の森林活用、電力供給 バイオマス発電所、月内着工

  2016/11/23

岐阜県高山市内の企業や個人でつくる飛騨高山グリーンヒート合同会社は、同市国府町で、地元の豊かな森林資源を活用し発電する「飛騨高山しぶきの湯バイオマス発電所」の建設を進める。今月中に着工し、来年3月の完成を目指す。総事業費は約2億円。  市内の約90%を占める豊富な森林資源を活用しようと、同発電所では木材を加工した木質ペレットを発電燃料として使用。高効率のバイオマス熱電併給システムを導入する。  発 …

新宿パークタワーのクリスマスツリー点灯へ 無料コンサートも /東京

  2016/11/17

新宿パークタワー(新宿区西新宿3)のクリスマスツリーが11月21日、点灯する。「新宿パークタワーのクリスマス2016」の一環。(新宿経済新聞)  1階のアトリウムには、シンプルなオーナメントを飾り付けた高さ7メートルのモミの木のクリスマスツリーを設置した。  期間中、パークタワー内の噴水広場とアトリウムを中心に、温かみのある電球色のLED を約5万8000球飾り付ける。電飾はバイオマス発電から生ま …

微生物を使ったバイオマス暖房

  2016/11/15

American Chemical Society Oct 19, 2016Biomass heating could get a ‘green’ boost with the help of fungihttps://www.acs.org/content/acs/en/pressroom/presspacs/2016/acs-presspac-october-19-2016/biomass-h …

バイオマス発電の燃料は海外から、ヤシ殻で電力を作る

  2016/11/14

木質バイオマス発電所を建設する場所は、福岡県の豊前市(ぶぜんし)にある港に隣接している。九州電力の電柱を製造するグループ会社が所有する土地で、すぐ近くには石油火力発電所もある。港に面した立地を生かして、海外から輸入するパームヤシ殻(PKS:Palm Kernel Shell)を燃料に使って発電する計画だ。 【その他の画像】  発電能力は75MW(メガワット)で、国内の木質バイオマス発電所では最大の …

CO2とセルローズの両方を利用するバクテリア

  2016/11/06

NREL October 28, 2016How a bacterium, clostridium thermocellum, utilizes both carbon dioxide, cellulosehttp://www.nrel.gov/news/press/2016/39757 エネルギー省国立再生可能エネルギー研究所 (NREL) でバクテリアclostridium thermocel …

小規模バイオマスでも採算確保、排熱活用とガス化で高効率に

  2016/11/02

エネルギー関連事業を展開する洸陽電機(神戸市)は、このほど同社が計画中の木質バイオマス(ガス化)発電事業に、グリーンファイナンス推進機構から、3億9千万円の出資を受けることが決定したと発表した。  このプロジェクトは、洸陽電機が地元企業などと共同により宮崎県串間市で行う、間伐材を中心とした未利用バイオマス資源を活用した小規模(発電規模2000kW未満)な木質バイオマス(ガス化)熱電併給事業。  小 …

広がる藻の”有望性“

  2016/10/30

Algae Industry Magazine October 25, 2016The “promisability” of Algaehttp://www.algaeindustrymagazine.com/the-promisability-of-algae/ 10回目を迎えた藻バイオマス サミットでは、藻バイオ燃料は全く姿をひそめ、代わって各種の高価格商品が増えて、ようやく産業としての見通し …

人口1万1000人の町を水素タウンに、エネルギーを100%自給自足へ

  2016/10/27

岐阜県の南部にある八百津町(やおつちょう)は山と平野のあいだに広がる典型的な中山間地で、農業と林業を中心に発展してきた。近年は人口減少に悩む中で、新たに「中山間地型水素社会の構築による100%エネルギー自給自足のまち 八百津プロジェクト」を推進中だ。 【その他の画像】  このプロジェクトは八百津町と岐阜県に加えて、岐阜大学と地元の民間企業も加わって産学官連携で取り組んでいる。町内の3つの地区を対象 …

十日町市、「バイオマス産業都市」に キノコ菌床を燃料に利用 新潟

  2016/10/26

十日町市は、農林水産省や内閣府など7府省が共同で推進する「バイオマス(生物資源)産業都市」に認定された。県内では新潟市に続き2例目で、国から施設整備費などの補助を受けられる。キノコ栽培の使用済み「菌床」などから燃料をつくり、市内の総電力量の2割をバイオマス発電で賄いたい考えだ。  同市は今春、平成37年度までの10年間を見据えたバイオマス産業都市構想を策定し、国に提出。今月初めに認定された。  構 …

生物多様性の劣化は莫大な損失となる

  2016/10/21

ScienceDaily Oct 13, 2916Biodiversity loss in forests will be priceyhttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/10/161013152700.htm おそらく地球上最大の地上資源である森の新しい評価によると、生物学的多様性が10%低下すると、森が提供するバイオマスを含む生産性が2 – 3 …