バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 バイオマス 」 一覧

藻の生産性改善について

  2017/10/26

Algae Idustry Magazie Oct 2.2017Produci g high productivity microalgae with flexible compositionhttp://www.algaeindustrymagazine.com/producing-high-productivity-microalgae-with-flexible-composition/ ト …

付き合いのよい真菌類仲間

  2017/08/03

Biofpr Jul 28, 2017A flexible friend in fungi http://www.biofpr.com/details/feature/10597125/A_flexible_friend_in_fungi.html バイオマス分解型の真菌類には必要な酵素を供給する機能はあるが効率は低い。これに対しカリフォルニア大サンタ・バーバラ校で、ある種のバクテリアは酵素類を柔 …

林業残渣が地域経済に与える効果

  2017/07/22

Oregon State University Dec 28, 2916Economics of forest biomass raise hurdles for rural developmenthttp://oregonstate.edu/ua/ncs/archives/2016/dec/economics-forest-biomass-raise-hurdles-rural-developm …

バイオマスが新産業を生む可能性

  2017/06/20

University of Wisconsin-Madison News My19, 2017Triple play boosting value of renewable fuel could tip market in favor of biomasshttp://news.wisc.edu/triple-play-boosting-value-of-renewable-fuel-could- …

工業原料としてのバイオマス

  2017/06/06

ウイスコンシン大学ニュース  May 20, 2017Triple play boosting value of renewable fuel could tip market in favor of biomasshttp://news.wisc.edu/triple-play-boosting-value-of-renewable-fuel-could-tip-market-in-favor- …

藻類オイル抽出残渣から化学品原料の合成に成功 ―藻類バイオマスを徹底的に活用する技術を確立

  2017/04/14

東京工業大学  Apr 13, 2017藻類オイル抽出残渣から化学品原料の合成に成功 ―藻類バイオマスを徹底的に活用する技術を確立http://www.titech.ac.jp/news/2017/038090.html “ 石油の代替資源になりうる藻類バイオマスのさらなる有効利用 オイル抽出残渣から、さらに化学品原料を合成することに成功 均一系スズ触媒による有用化学品原料への選択的な化学変換プロ …

<関西電力>福岡・苅田で国内最大規模のバイオマス発電検討

  2017/03/17

関西電力が、福岡県苅田町に木質バイオマス発電所を検討していることが分かった。関電が九州に木質バイオマス発電所を設けるのは初めて。昨春の電力小売り全面自由化で、電力会社は従来の営業地域を越えた参入が進んでおり、収益源を多様化するのが狙い。  関電は「着工、発電開始時期など詳細は未定」としているが、関係者によると、出力は7万5000キロワットで、実現すれば国内最大規模になるという。周防灘に面した福岡県 …

「竹はバイオマス発電に不向き」を覆す、日立が燃料化技術を開発

  2017/03/09

竹はカリウムを多量に含んでおり、灰の軟化温度が680~900度と低く、大型のボイラーで燃焼させると炉内に「クリンカ」という溶岩を生成する特性がある。さらに塩素濃度も高いため耐火物や伝熱管を腐食させやすい。そのため、一般にはバイオマス発電などの燃料としては不向きとされている。 【その他の画像】  竹は国内に豊富に存在するバイオマス資源であり、成長力が非常に強い。根が森林へ拡大するとそこに生育する樹木 …

竹をバイオ燃料に利用=日立が技術開発

  2017/03/09

日立製作所は9日、竹をバイオマス発電やボイラーの燃料として利用する技術を開発したと発表した。竹材の需要減少で手入れをしない竹林が増加し、九州地方などで大きな問題となっている。燃料としての活用が広がることで、放置竹林の拡大対策にもつながると期待される。  竹は塩素やカリウムの含有量が多く、そのまま燃やすと燃焼設備や環境に影響を及ぼすという問題がある。日立は竹を6ミリ以下に微粒化し、水に浸すことで濃度 …

省エネ製品 農家にPR 東京で「バイオマス発電展」

  2017/03/01

木材やもみ殻、家畜ふん尿などバイオマス(生物由来資源)の燃料利用に焦点を当てた「バイオマス発電展」が1日、東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった。出展企業は、バイオマスボイラーや発電機を紹介。農業向けに、熱をハウス暖房に使える製品などを売り込んだ。展示会は3日まで。  林業や建設業で出る廃材やチップは、化石燃料に頼らない新たなエネルギー源として注目されている。木材の乾燥機を手掛ける東北通商は、低 …