バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 システム 」 一覧

竹、木材で産業創出 中越パルプ工業、薩摩川内で

  2015/12/24

中越パルプ工業(高岡市)は鹿児島県薩摩川内市などと協力し、竹や木材などの森林資源を有効活用するバイオマス事業に乗り出した。薩摩川内の同社工場の集荷システムを生かし、竹を活用した精密機器資材や食品などを開発する計画で、24日までに地元協議会を発足させた。11月には工場内で木質バイオマス発電設備の運転を始めており、地域ぐるみで再生可能エネルギーを使った新産業の創出を目指す。

バイオマス発電の熱がもったない!中小ビル「自給自足」の電源に

  2015/12/24

電現ソリューション(東京都港区)は、フィンランド企業の小型木質バイオマス発電システムを2016年春に国内発売する。出力は40キロワットで、中小ビルの電力を賄える規模。お湯も作れるコージェネレーション(熱電併給)型なので、給湯の燃料費も削減できる。ビル内に設置し、エネルギーを自給自足できる発電システムとして提案する。  フィンランドのVolter(ボルター)が開発した発電システムを独占販売する。重量 …

藻を燃料などに変換する新技術

  2015/10/08

ScienceDaily Oct 2, 2015Novel technology to produce microalgae biomass as feedstock for biofuel, food, feed and morehttp://www.sciencedaily.com/releases/2015/10/151002103256.htm イスラエル企業が藻の栽培から、多数の用途に適 …

【ブラジル】バイオマス発電プラント向け制御システムを受注

  2015/09/14

計測・制御機器メーカー大手の横河電機(西島剛志社長、本社=東京都)は8日、発電・売電ビジネスを手がけるブラジルの持株会社「ボルト・エネルジアス」(Bolt Energias)が建設を進めている同国最大のバイオマス発電プラント向けの制御システムを、仏アレバ(AREVA SA)傘下のアレバ・リニューアブルズ・ブラジル(AREVA Renewables Brazil)からヨコガワ・アメリカ・ド・スル(本 …

竹を燃料化、事業を調査 京都・宮津市など、荒廃林の活用目指す

  2015/08/27

京都府宮津市が、竹を燃料とした地産地消型エネルギー事業について、企業4社と合同で調査を進めている。同市の由良地区をモデルとして進め、来年2月にまとめる。  市内には荒廃した竹林が多く、活用が課題となっている。  調査で目指す事業内容は、伐採した竹をチップに加工し、燃料に使う。供給システムは、大型ボイラーによる熱供給や小型の木質バイオマス発電を検討する。太陽光発電との併用も視野に入れる。丹鉄・丹後由 …

18日の朝刊(都内最終版)☆2・完

  2015/06/17

【日刊工業】 ◆世界狙う中堅・中小 航空機関連 高い実績 パリショーで存在感(1) ◆産総研軸に集積地整備 政府 技術革新サイクル実現(1) ◆中規模設備で日本参入 木質バイオマス発電事業 ティッセンクルップ EPC・保守など展開(7) 【フジサンケイ ビジネスアイ】 ◆温暖化交渉 主導権へ切り札 「2国間クレジット」 海外削減分も参入可能に(1) ◆電力システム改革総仕上げ 改正電気事業法が成立 …

熱分解による故紙の再利用

  2015/06/06

ScienceDaily June 4, 2015Re-use of paper sludge via pyrolysishttp://www.sciencedaily.com/releases/2015/06/150604084513.htm オランダのトゥウェンテ大学とAlucha社との産学共同で進めてきた、熱分解技術を利用して、製紙工場で発生するスラッジや古紙を熱分解し工業原料に変換するシス …