バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 コスト 」 一覧

CO2を分離・回収する環境省の実証事業 東芝、みずほ情報総研など13法人が採択

  2016/07/26

東芝やみずほ情報総研など13法人は26日、環境省による二酸化炭素(CO2)を分離・回収する「CCS」の実証事業に採択されたと発表した。今回の事業では、火力発電所から排出されるCO2を分離・回収する大規模な設備を建設し、技術や性能、コスト、環境への影響を検証する。期間は平成28年度から32年度までの4年間。  今回の実証事業で東芝はグループ会社のシグマパワー有明の三川発電所(福岡県大牟田市)から1日 …

エネルギー省 藻ベースバイオ燃料/バイオ製品開発を助成

  2016/07/21

Algae Industry Magazine Jul 14、2016DOE $15 million to improve algal biofuels/bioproductshttp://www.algaeindustrymagazine.com/doe-15-million-improve-algal-biofuelsbioproducts/ 米エネルギー省が藻の生産と、藻ベースのバイオ燃料/ …

エネルギー省100万トン計画のなかにおける藻について

  2016/07/21

Algae Industry Magazine Jul 12, 2016Algae in the DOE 2016 Billion-Ton Reporthttp://www.algaeindustrymagazine.com/algae-doe-2016-billion-ton-report/ 先般エネルギー省から発表されたバイオマス10億トン計画には、藻については量的にもコスト的にもあまり取り上 …

製紙廃液を利用したコハク酸の製法

  2016/07/12

Biofuel Daily Jun 16, 2016Chemicals from wood waste    http://www.biofueldaily.com/reports/Chemicals_from_wood_waste_999.html 重要な基礎化学物質のコハク酸を、製紙工場の廃液とバクテリアを利用してバイオ技術的に低価格で製造する方法が開発された。環境に対するインパクトも従来方式 …

電力を安定供給できるバイオマス発電、燃料の確保は地域ぐるみで

  2016/06/24

再生可能エネルギーの中で最も安定した電力を供給できるのがバイオマスである。全国どこでも発電用の燃料を入手できるうえに、年間を通して発電量が変動しない。2012年度に固定価格買取制度(FIT:Feed-In Tariff)が始まったことで、バイオマス発電所の建設プロジェクトが各地に広がった。 【その他の画像】  今後さらに普及させるためには課題も多い。燃料が豊富にあるとはいえ、長期にわたって安定した …

【ドイツ】フィードインタリフを廃止へ:ドイツ、競争入札制度へ移行

  2016/06/10

ドイツ政府は8日、再生可能エネルギー法(EEG)の改正案を閣議承認した。再生可能エネルギーの拡大ペースとコストを抑制することが主眼で、固定価格買い取り制度(フィードインタリフ)から競争入札制度への移行を打ち出している。  現行のEEGでは、フィードインタリフにより再生可能エネルギー由来の電力買い取り額を保証し、市場価格との差額を賦課金として消費者の支払う電力料金に上乗せしている。この結果、ドイツで …

クラフトパルプ黒液からリグニンの回収

  2016/06/04

Green Car Congress Jun 1, 2016New 3-step process for conversion of kraft lignin from black liquor into green dieselhttp://www.greencarcongress.com/2016/06/20160601-kraft.html スエーデンとスペインの研究者が、クラフトパルプを作 …

藻栽培におけるCO2とNH3 の管理

  2016/05/11

Bio Fuel Daily May 5, 2016Improving utilization of ammonia and carbon dioxide in microalgal cultivationhttp://www.biofueldaily.com/reports/Improving_utilization_of_ammonia_and_carbon_dioxide_in_microa …

リグニンの削減によるバイオ燃料コストの引き下げ

  2016/03/09

Berkeley Lab Feb 23, 2016New Way to Reduce Plant Lignin Could Lead to Cheaper Biofuelshttp://newscenter.lbl.gov/2016/02/23/cheaper-biofuels 国立ローレンス・バークレイ研究所が、活発に挙動するHCTと名付けた酵素を使って植物中のリグニンを減らす技術を発表した。こ …

NREL再生可能藻バイオ燃料生成法 CAPを開発

  2016/02/27

NREL Feb 9, 2016Renewable Fuels from Algae Boosted by NREL Refinery Processhttp://www.nrel.gov/news/press/2016/21641 エネルギー省国立再生可能エネルギー研究所 (National Renewable Energy Laboratory, NREL) で従来にくらべて飛躍的に効率の高い …