バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

竹をバイオ燃料に利用=日立が技術開発

   

日立製作所は9日、竹をバイオマス発電やボイラーの燃料として利用する技術を開発したと発表した。竹材の需要減少で手入れをしない竹林が増加し、九州地方などで大きな問題となっている。燃料としての活用が広がることで、放置竹林の拡大対策にもつながると期待される。

 竹は塩素やカリウムの含有量が多く、そのまま燃やすと燃焼設備や環境に影響を及ぼすという問題がある。日立は竹を6ミリ以下に微粒化し、水に浸すことで濃度を低下させ、他のバイオマス燃料と同じレベルに改質する技術を開発した。竹を浸した液は濃縮すれば、植物の肥料としても使えるという。

 日立は林野庁の補助事業として、福岡県八女市、北九州市と協力し、2年間にわたって開発を進めてきた。開発した技術はササや雑草、スギの皮など他の未利用資源でも使えるといい、今後の事業化を検討していく。

 - , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,