バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

広島ガスと中国電、バイオマス発電所を計画 環境影響評価手続きへ

   

広島ガスと中国電力は4日、海田町明神町の広島ガス工場跡地の一部約4万平方メートルに10万キロワット級のバイオマス石炭混焼発電所を建設する計画を明らかにし、環境影響評価手続きに入ると発表した。評価書の届け出は平成28年度になる見込み。

 中国電力では島根県と山口県の石炭火力発電所で、未利用木材などの木質系バイオマスを活用している。しかし、既存施設を利用しているため、バイオマスの割合は2%程度にとどまっている。海田町で計画されている発電所はバイオマスとの混焼専用になるため、1割以上をバイオマスにすることができるという。

 広島ガスは会見で、今回の中国電力との共同事業について「電力小売りの全面自由化を前に総合エネルギー事業者として発展を目指したいため」などと述べ、電力事業参入への積極姿勢を示した。

 - , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,