バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

東燃ゼネラルと日揮 バイオマス発電所、北海道室蘭に建設

   

石油元売り大手の東燃ゼネラル石油とプラント建設大手の日揮は27日、ヤシ殻を主な燃料とするバイオマス発電所を北海道室蘭市にある東燃の油槽所跡地に建設すると発表した。出力は7万4900キロワットで、木材のみを使うバイオマス発電所としては国内最大級という。250億~300億円を投資し、2020年春の運転開始を目指す。

 両社は、資本金1億円の新会社「室蘭バイオマス発電合同会社」(東京都港区)を10月11日に共同で設立。東燃が90%、日揮が10%を出資する。バイオマス発電所は東燃の油槽所跡の遊休地約4万平方メートルに建設する予定で、17年8月をめどに着工する。

 果実からパーム油を搾取した後のヤシ殻を燃やし、発生させた蒸気で発電する。ヤシ殻は東南アジアから輸入する。東燃によると、発電所でつくった電気は再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を活用して販売する計画という。

 - , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,