バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

オリックス、ベトナムの水力発電大手に出資 シンガポールの銀行と折半で

   

オリックスは2日、シンガポールの大手銀行と共同で、ベトナムの水力発電大手「ビテクスコ・パワー・コーポレーション」に約5000万ドル(約52億円)を折半出資すると発表した。人口増加で急増する電力需要を取り込む。

 オリックスは国内外で太陽光や風力、地熱、バイオマス発電事業を展開しているが、水力発電事業に出資するのは初めて。

 9月中にビテクスコが第三者割当増資を実施し、オリックスとシンガポールのユナイテッド・オーバーシーズ銀行が引き受ける。

 ベトナムは人口増加や経済成長を背景に電力需要が年平均10~12%で伸びると見込まれ、2030年には15年の3.5倍以上になるとの予測がある。

 同国政府は電力需要に対応するため、電力市場を段階的に自由化し、民間企業による発電を増やす方針を掲げている。水力発電は主流の火力発電よりコストが安く、二酸化炭素(CO2)を排出しない利点がある。

 - , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,