バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

BPカストロールのオイルが世界初の「CO2ニュートラル」エンジンオイルに認定

   

BPカストロール(東京都品川区、代表取締役社長:小石孝之)のエンジンオイル「カストロールプロフェッショナル」が、エンジンオイルとして世界で初めて「BSI PAS2060」の認定を受け、世界初のCO2(二酸化炭素)ニュートラルエンジンオイルとして8月から日本で発売される。CO2ニュートラルとは、CO2排出量が実質的にゼロ(ニュートラル)のことで、「カストロールプロフェッショナル」は、製品によるCO2の排出量削減を追求し、削減できずに残るCO2を、世界のCO2削減事業への投資活動を通じて相殺、実質的なニュートラルを実現した。

 「カストロールプロフェッショナル」は、BPカストロールが、主要カーメーカーが工場充填油に求めるレベルのオイル品質を実現したプロフェッショナル専用製品として販売している。従来から製品のライフサイクルを通じ排出されるCO2の削減に積極的に取り組んできたが、今回、従来のマイクロフィルター技術採用のろ過工程に加え、光学式粒子測定器による検証を製造工程に導入し、品質保証をさらに確実なものにした。

 最も厳格なグローバル基準のひとつである「BSI PAS2060」の認定を受けたことを機に、エンジンオイルの新たなコンセプト「CO2ニュートラル」を導入し、2014年から世界各国で順次販売を開始した。「CO2ニュートラル」の導入に合わせて製品パッケージも一新。製品の特長である「力強さ」と「エンジン保護性能」を象徴する立体的で動きのあるデザインを採用するとともに、CO2ニュートラル認定を証明する「フットマーク(足跡)ロゴ」を施した。日本では新パッケージの製品を2015年8月から販売開始する。

 BPカストロールでは2015年末までに全世界で50万トンのCO2ニュートラル化(相殺)を計画。世界のCO2削減事業への投資活動は、ケニアの森林保全、中国のバイオマス発電、ニューカレドニアの風力発電など6つの事業に投資している。「CO2排出量の削減は自動車業界において最重要課題のひとつであり、弊社はビジネスパートナー様との関係においてこれを最重要施策のひとつと位置づけ、今後も、革新的な製品開発・提案を通じ、顧客価値の向上に取り組んでまいります」としている。(編集担当:風間浩)

 - , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,