バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2016年01月 」 一覧

からあげクン発電? ローソン、廃油を燃料化して活用へ

  2016/01/30

コンビニ大手ローソンは、「からあげクン」などの揚げ物を店頭で調理する際に出る廃油から電気をつくる「バイオマス発電」に乗り出す。業界初の取り組みで、太陽光発電などと組み合わせると、外部から買う電力を従来より約7割減らせるという。 【写真】「からあげクン」の廃油が電力になる仕組み  ローソンは2月5日、バイオマス発電の1号店として、兵庫県姫路市に「夢前(ゆめさき)スマートインター前店」を開く。からあげ …

クリーンなCO2を藻に供給する方法

  2016/01/30

The Melbourne Engineer  Jan 22, 2016New method for making biofuels is cheaper and better for the environmenthttp://themelbourneengineer.eng.unimelb.edu.au/2016/01/cheaper-biofuels/ CO2が汚染されていると藻が死滅するこ …

イーストを利用した油生産の改良法

  2016/01/29

ScienceDaily Jan 26, 2016New research advances oil production in yeasthttp://www.sciencedaily.com/releases/2016/01/160126162324.htm カリフォルニア大学リハーサイド校チームがCRISPR-Cas9と呼ばれるゲノム編集システムを、脂質やポリマーを生成できるイーストに適用し …

木材チップ製造、久万高原に新拠点 今治加工

  2016/01/28

木材チップ製造などの今治加工(愛媛県西条市、北岡康典社長)の新工場「くまさんチップ工場」が久万高原町七鳥に完成し、27日、竣工(しゅんこう)式があった。28日から稼働を開始し、製紙や木質バイオマス発電向けに木材チップを出荷する。  同社は西条市今在家に本社工場があり、チップ製造や廃材リサイクルなどに取り組んでいる。木質バイオマス発電の拡大によるチップの需要増加を見込み、県内最大の林産地で林家の輸送 …

一液型セルローズエタノール生成法

  2016/01/22

Barkekey Lab Jan 13, 2016One-Stop Shop for Biofuelshttp://newscenter.lbl.gov/2016/01/13/one-stop-shop-for-biofuels/ 米エネルギー省統合バイオエネルギー研究所で、セルローズバイオマスから一液工程でエタノールを高い収率で生成する方法が開発された。収率は記録的に改善し、水の消費、廃水と廃棄 …

【韓国】川崎重工、ロッテ建設向け発電設備を受注

  2016/01/21

川崎重工業(東京都港区)は20日、ロッテ建設から韓国地域暖房公社向けの発電設備を受注したと発表した。  ロッテ建設が全羅南道光州市に新設する韓国地域暖房公社向けバイオマス発電所に22メガワット(MW)規模の蒸気タービン発電設備1基を2017年1月までに供給する。受注額や製造開始時期は明らかにしていない。  バイオマス発電所は、ごみ固形燃料(RDF)を燃料とし、発生した電力・蒸気は周辺地域へ供給され …

石炭とバイオマスと日本の電力

  2016/01/21

Renewable Energy World  Jan 20. 2016Coal, Biomass Seek More Equal Footing in Japan Power Generationhttp://www.renewableenergyworld.com/articles/2016/01/coal-biomass-seek-more-equal-footing-in-japan-po …

人工光合成の実験

  2016/01/21

MIT Technology Review Dec 22, 2015The Ideal Fuelhttp://www.technologyreview.com/demo/544586/the-ideal-fuel/ カリフォルニア大学大バークレイ校で、木の葉を模倣した人工光合成の研究が進んでおり、図示により現状が分かりやすく報告されている。概念証明としてはよい結果を得ているが、技術をさらに改善して …

排泄物からの資源の回収

  2016/01/20

ScienceDaily Jam 13. 2016From poop to powerhttp://www.sciencedaily.com/releases/2016/01/160113162754.htm 人間の排泄物にも大切な利用法がある。アリゾナ大学が新しい報告で、世界の常識を破るトイレ廃水の処理法を発表した。これまでのように廃水を無処理で棄てるのではなく、排せつ物から資源を回収する技術で …

木質バイオマス発電を支援 和歌山県知事査定

  2016/01/19

2016年度和歌山県当初予算の知事査定が18日、始まった。各部署からの予算要求について、仁坂吉伸知事が判断し、2月定例会に提案する。この日最初の議題は、木質バイオマス発電の実現に向けた新事業で、早速、仁坂知事がゴーサインを出した。  新年度予定している1075事業のうち、昨年6月に策定した総合戦略の目標達成に関係する58事業(891億円分)について、知事が査定する。期間は土曜、日曜と21日を除く6 …