バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2015年10月 」 一覧

石油化学から木質化学への転換の動き

  2015/10/30

Bio Fuel Daily Oct 29, 2015Wood instead of petroleum: Producing chemical substances solely from renewable resourceshttp://www.biofueldaily.com/reports/Wood_instead_of_petroleum_Producing_chemical_subs …

<デンマーク長官>日本のバイオマス発電に協力意欲

  2015/10/28

再生可能エネルギーの導入に熱心なデンマークの技術を各国に移転・普及させることを目指す同国の官民組織「ステート・オブ・グリーン」のフィン・モーテンセン長官が毎日新聞のインタビューに応じた。日本では木くずなどを燃料にした「バイオマス発電」で拡大の余地が大きいと指摘し、日本への技術協力に意欲を示した。【聞き手・小倉祥徳、寺田剛】  --なぜ再エネの普及に熱心なのですか。  ◆かつてデンマークはエネルギー …

再生可能なバイオ燃料/ガスの研究

  2015/10/26

EurekAlert! Jul 30, 2015Reproducible research for biofuels and biogashttp://www.eurekalert.org/pub_releases/2015-07/g-rrf072715.php ドイツのビーレフェルト大学でコンテナー包装に適したバイオガスの製造を改善する目的で、仮想データパッケージを利用する技術を開発した。バイオ …

運動性のあるバクテリア集団によるセルローズの加水分解

  2015/10/24

Science Daily Aug 4, 2015The consortium of motile and cellulose degrading bacteria can be used for solid state cellulose hydrolysishttp://www.sciencedaily.com/releases/2015/08/150804093732.htm セルローズの加 …

カメリナ油の工業利用

  2015/10/20

Green Car Congress Aug 18. 2015Researchers modify camelina to produce highest levels yet in transgenic plant oil of novel lipid acetyl-TAG; biofuel and industrial usehttp://www.greencarcongress.com/20 …

間伐材収集、地域通貨発行 川根本町がプロジェクト

  2015/10/18

川根本町で11月から、間伐材などを収集して地域通貨を発行するプロジェクト「木の駅かわね」が始まる。森林再生と地域経済の活性化を目指した県内初の取り組みで、杉山嘉英実行委員長(61)は「山も人も元気になり、地域振興につながれば。『山はお金にならない』と言われてきたが、新たな林業の形をつくりたい」と意気込む。  町内の森林所有者や林業に関心がある希望者が、登録料3千円で参加できる。自身の所有林や、実行 …

藻の栄養源のリサイクル

  2015/10/17

Sandia Labs News Releases  Aug 19, 2015Algae Nutrient Recycling is a Triple Winhttps://share.sandia.gov/news/resources/news_releases/algae_recycling/#.ViBNzvDoupp 米サンディア国立研究所が、藻バイオ燃料で最大のコスト要因である栄養源の窒素 …

廃棄バイオマスの活用

  2015/10/15

Biomass Magazine Oct 13, 2015Waste to Wisdom project shows biomass energy potentialhttp://biomassmagazine.com/articles/12470/waste-to-wisdom-project-shows-biomass-energy-potential カリフォルニア大学ハンボルト校が公共資金 …

「浜松新電力」15日設立 市や地元企業など出資

  2015/10/14

浜松市が市出資の株式会社「浜松新電力」を15日に設立することが、14日分かった。浜松地域の官民が連携し、再生可能エネルギーの地産地消を進めるのが狙いで、同市中区の浜松商工会議所内に本社を置く。電力小売りの完全自由化に合わせて、来年4月の事業開始を目指す。  浜松新電力に出資するのは市とNTTファシリティーズ(本社・東京都港区)のほか、NECキャピタルソリューション(同)、さらに浜松地域を拠点とする …

間伐材確保に苦労 製材業者、需要増え値上がり

  2015/10/13

和歌山県内の木材市場で、直径14センチ以下の間伐材の入荷量がここ2、3年減る傾向にあり、価格が上がっている。これに伴い、ダンネージと呼ばれる「荷敷き」などに間伐材を加工している製材業者は、材の確保に苦労している。県外の木質バイオマス発電設備の燃料用として県産間伐材が使われるようになったことや、材価低迷による山林家の出材意欲の低下が背景にあるとされる。  積み荷などの下に敷く荷敷きを多く作っている堀 …