バイオマスエネルギーニュース

バイオマスエネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2015年09月 」 一覧

佐用町、森林整備促進へ木材の買い取り制度開始 クリーンセンター内に拠点整備 兵庫

  2015/09/30

森林整備を推進し災害に強い森づくりを目指そうと、佐用町は10月1日から、佐用郡森林組合と連携し、住民らが所有する森林から切り出された木材の買い取りと活用の取り組みを始める。町内に木材の集積と出荷の拠点「木材ステーションさよう」を整備した。町の担当者は「買い取りの制度を広く知ってもらい、森林整備を進めていきたい」と話している。  荒廃した山林を放置すれば、成長しすぎた木によって下草が生えにくくなる。 …

木材自給率、27年ぶり3割台=円安で輸入減―林野庁

  2015/09/29

林野庁は29日、2014年の木材自給率が31.2%だったと発表した。  3割台を回復するのは1987年以来27年ぶり。円安により海外からの輸入が減少していることに加え、需要が近年急速に伸びている木質バイオマス発電向けの燃料用チップを統計に算入したことなどが主な要因だ。  14年の木材の総需要量は7581万4000立方メートルで、そのうち国産材は2366万2000立方メートルだった。  木材自給率は …

【英国】CO2回収プロジェクトから撤退:ドラックス、補助金削減を受け

  2015/09/28

英発電大手ドラックス・グループは25日、イングランド北部ノースヨークシャー州の二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)プロジェクトから撤退する方針を明らかにした。政府が再生可能エネルギーへの補助金削減を決めたため。  ドラックスは、プロジェクトの完了は見届けるものの、追加の投資は行わないとしている。また、プロジェクトの運営会社キャプチャー・パワーへの出資も引き揚げる。キャプチャー・パワーには、同社 …

藻の潜在力を活かす新しい識別法

  2015/09/26

LABIOTECH.eu Jun 10, 2915A new ‘Fingerprinting’ Identification tool to unlock Algae potentialhttp://labiotech.eu/new-biotyping-uk-tool-to-unlock-algae-potential/ ニューカースル大学とスコットランド海洋科学協会の共同研究の成果によって、人を …

富士市「岳鉄」沿線工場に配電へ 電柱に送電線、エネ地産地消

  2015/09/22

エネルギーの地産地消を目指す富士市は2016年度にも、市東部を走る岳南電車(通称・岳鉄)の既存の電柱に送電線を新設し、地元工場の天然ガスコージェネレーション(熱電併給)やバイオマス発電などから出た電力を、沿線工場などに配電する事業に着手する。28日から事業化に向け検討を始める。  電車の設備を生かしてエネルギーの地産地消を進めるのは全国初。市は熱や電気を大量に使用する製紙工場群が市内に集約している …

林業活性化、雇用も創出 各地に「木質バイオマス発電所」の建設進む

  2015/09/22

新潟市北区太郎代の新潟東港工業団地で、出力5750キロワットの木質バイオマス発電所の建設が進んでいる。バイオパワーステーション新潟(同区)が広大な県内山林に眠る未利用間伐材などを燃料に発電する事業で、来年6月の運転開始を目指す。同社を誘致した新潟市は、森林資源の発電利用が林業の活性化や雇用の創出につながることを期待している。(臼井慎太郎) ■1万世帯分の電力  バイオパワーステーション新潟は、林業 …

東北大学と筑波大学の共同開発による藻類からガソリンやジェット燃料を作る新しい生成技術

  2015/09/21

以下のリンクを参照ください。http://response.jp/article/2015/06/17/253602.html ITmedia Jun 18, 2015http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1506/18/news045.html ITmedia Jun 18, 2015http://www.itmedia.co.jp/smart …

木材自給率3割台回復=27年ぶり、円安・発電用で増―林野庁

  2015/09/20

2014年の木材自給率が、27年ぶりに3割台を回復する見通しになったことが20日、分かった。  林野庁が近く公表する。円安で輸入材の価格が上昇したことによる国産材の需要増、間伐材や端材を燃料に使う木質バイオマス発電の増加などが理由とみられる。  木材自給率は、国内の木材供給量に対して国産材が占める割合。1955年には94.51%だったが、木材価格の下落や経営コストの上昇、輸入材の増加により次第に低 …

木質バイオマスの利用推進へ協議会設立

  2015/09/15

木質バイオマスの利用推進による地域活性化を目的とした「紀州木質バイオマス利用協議会」が14日、和歌山県内に設立された。木質バイオマスの生産、発電など幅広いバイオマス利用に関する情報収集などをする。同日、上富田町の田辺木材共販所で主に田辺・西牟婁の森林組合、素材生産業者らが出席して設立会議を開いた。  協議会は井硲林産(田辺市)、かつら木材商店(すさみ町)、伸栄木材(上富田町)、竹中商店(御坊市)、 …

【ブラジル】バイオマス発電プラント向け制御システムを受注

  2015/09/14

計測・制御機器メーカー大手の横河電機(西島剛志社長、本社=東京都)は8日、発電・売電ビジネスを手がけるブラジルの持株会社「ボルト・エネルジアス」(Bolt Energias)が建設を進めている同国最大のバイオマス発電プラント向けの制御システムを、仏アレバ(AREVA SA)傘下のアレバ・リニューアブルズ・ブラジル(AREVA Renewables Brazil)からヨコガワ・アメリカ・ド・スル(本 …